top of page

グローバルビジネスリスクとリスクマネジメントの戦略(LEC東京リーガルマインドへの投稿)


企業が急速に変化しているグローバル市場で成功するためには、グローバルリスクについて理解するとともに、リスクに対処するための戦略が必要となります。本コラムでは、グローバルリスクの主な種類をご説明をするとともに、リスク管理のポイントについてご紹介をしていきます。

1.グローバルビジネスリスクはなに?

「グローバルビジネスリスク」というと少し難しそうですが、要は国際ビジネスをしているときに遭遇する様々なリスクのことを指します。ここで言うリスクとは、世界の異なる国や地域でビジネスを展開する際に出くわす、政治的、経済的、文化的、法的な環境の違いから生じる予測不可能な状況や潜在的な問題・課題のことです。これらは、会社の収益や運営に影響を及ぼす可能性があります。

例えば、ある国での突然の政治変動が外国企業に対する規制を強化し、その国での事業運営が困難になることがあります。また、通貨の急激な変動により、輸出入価格が予期せぬ形で変化し、企業の収益に大きな影響を与えることもあります。このように、グローバルビジネスリスクは多岐にわたり、企業がグローバル市場で成功するためには、これらのリスクを理解し、適切に対処する必要がありますね。次の章以降で詳しく見ていきましょう。

2.グローバルビジネスリスクの主要な種類は?

グローバルビジネスリスクには、政治リスク、経済リスク、法規制リスク、グローバルマーケットに関するリスクなどがあります。


2-1 政治リスクってどんなもの?

政治リスクとは、政府の方針が変わったり、政治が不安定になったり、紛争や戦争などによって生じる地政学リスクのことです。これらは企業にとって、投資の安全性や市場アクセス、さらには従業員の安全にまで影響を及ぼす可能性があります。例えば、ある国で急に外国企業に対する規制が厳しくなったり、政治的な緊張が高まったりすると、ビジネスにも大きな影響が出ます。2010年代に中国での政治的リスクが高まったことを受け、日本企業の一部が工場の立地をベトナムに移すことで、政治リスクを避ける対策を取ったというグローバル戦略は有名な事例です。

続きは、LEC東京リーガルマインドのブログで。

閲覧数:6回

Commentaires


bottom of page