top of page

Web3.0企業における人材マネジメントについて





自身も、Web3.0の経営者ということもあり、また、専門と興味が人材マネジメントということもあり、Web3.0企業における人材マネジメントについて考えてみた。

1.Web3.0技術、領域の理解した洗練された人材を集める ブロックチェーン、スマートコントラクト、暗号通貨、業界理解などを前提に、人材を集める必要があると思う。一方で、上記の知識が無くとも、ある程度の地頭があればキャッチアップは可能なので、学習意欲の高い人材を集める必要がある。育成が必要です。世界で戦おうとすると、というか、Web3.0なので、世界で戦う前提だと思うのだが、そのため、グローバルから人材を集めるのも大事。そのためには、経営陣がグローバル化、グローバルマインドを持つ必要がある。

2.継続的学習と少数精鋭 Web3.0は急速に進化する分野であるため、メンバーが最新のトレンドや技術に適応できるような環境を作ることが大事。継続的な教育とトレーニングを提供することや、情報収集、アウトプットすることが組織文化になっているとメンバーは学ぶ。むしろ、自主的に学ばない人は組織で活躍するのは難しい。むしろ、自主的に学ばない人は組織で活躍するのは難しい。5人で神輿を担げるよりも、10人で神輿を担ぐ方があり得ない、少数精鋭で運営すべき。一方で、ヒューマン的なことをあえて意識もすべし、地頭が良い人は人への感謝、コミュニケーションが何故大事だとわかれば、それさえすぐに習得する。

3.リモートワークとフレキシブルな働き方 Web3.0企業は、リモートワークや柔軟な働き方を導入しやすい傾向にあるし、分散化が根本概念にある。このような環境を整え、グローバルな人材の獲得と保持に努めることが効果的。リモートやフレキシブルな働き方を理想に実現するためには、上記のような自立した人材を集める。そして、役割を分担して、それぞれの役割をチーム、もしくは個人で達成してもらう。自立した働きかたは、モチベーションが上がり、プラスのスパイラルになる。目標と成果を明確にし、定期的なフィードバックとパフォーマンス評価を行うことが重要。

4.イノベーションと実験的文化の促進 創造的な思考と実験的な試みを奨励し、イノベーションを促進する文化を築く。新規事業は、Do it Look it and Fix itの考え方が基本。失敗の回数ほど組織は大きくなる、強くなる、イノベーションを奨励しよう。多様なバックグラウンドを持つ人材を受け入れ、包摂的な職場環境を作ることで、さまざまな視点とアイデアを得ることができる。これもグローバル経営の醍醐味。

5.最後だが一番大事なこと 組織で働いている人が、残って一緒にやってくれることが組織を強くする。じゃあ、何故、残るか?ここを徹底的に追求すること。いろいろな理由があるだろう。夢がある、経営陣が好き、カルチャーが好き、勉強になる、人が好き、この人についていきたい、組織のビジョンが好き、何かを成し遂げそう、給与が良い、いろいろな理由があり、それをわかっておくのが経営者の役割。

これらを組み合わせることで、Web3.0企業は変化に富んだ市場環境で競争力を維持し、成功を収めることができる。


閲覧数:4回

最新記事

すべて表示
bottom of page